スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麦畑かジャングルか、それが問題。

久し振りの、Blog更新です。


…あまりに久し振りすぎて、文章がオカシなことになってしまうと思いますが、どうぞご了承下さいませm(_ _)m


そして、今回は…長文です(汗)



先月末の7月27日。
念願の、R館Rikoさん主催「リアル・スピお茶会」へ行って参りました!

九州から一泊二日の強行軍。
観光なしの、お茶会参加のみのツアー(^ ^)

最初はドキドキでしたが…Rikoさんをはじめ、参加された奏さん、りえさん、皆さんとても優しくて、初対面でしたのに、とてもまったりリラックスしてお話する事ができました。
美味しいお菓子と楽しいスピ話しで、あっという間に終了の時間。

…後ろ髪を引かれる思いで会場を後にしました(^ ^)

Rikoさん、皆さん、お世話になりましたm(_ _)m
また機会がございましたら、是非参加させて下さいませ!



…実は。

お茶会が始まる前に、Rikoさんにセッションをして頂いていたんです。

「今、悩んでいることについてサポートして下さっているガイドさん」を見て頂きました。Rikoさんがご自身のブログにて、その時の詳しい様子を載せて下さいました(^ ^)


その、「今、悩んでいること」の内容が個人的すぎて、Rikoさんにも詳しい内容をお伝えできずでした。(Rikoさん、スミマセン。。)

それでも。
とても的確なメッセージをガイドさんから頂いたんです。

まずは、ガイドさんと出会った時の様子です。

(以下、Rikoさんからお聞きした内容。)
私のインナーセルフのロビンくんが案内してくれたのは、麦畑でした。
広い麦畑を、ロビンくん、カジュちゃん、Rikoさんの三人で進みます。
(麦の丈が高すぎて、カジュちゃん見失う。笑)

途中、目が細い?痩せ型のハゲたおじいさんが。
この、通りすがりのおじいさん。どうも、父方の祖父のようです。

おじいさんに手を降りながら進むと…向こうの方に怪物のような影が…!
よくよく見ると、肌は灰色、髪がマゼンタ&グリーンのバイカラー、そしてそして半身が蛇(!)の女性。
ちっちゃな可愛いキバも(^ ^)

大地の女神の(イメージ?姿?をした?)、ガイアさんというガイドさんでした。女性性の象徴ということです。

ガイアさんはRikoさんがスケッチし終わると、ささーっと帰ってしまわれて。Rikoさんが追って行くと、そこは断崖絶壁。その向こうは…原生林豊かなジャングルが一面に広がっていたと。
ガイアさんは、その断崖絶壁を、いつでも受け止めます、という感じで両手を広げながら降りていかれたようです。

カジュちゃんをくっつけながら(笑)


(すみません、上手く表現できなくて。。Rikoさんのブログがとても分かりやすいので、そちらをご覧下さい〜笑)


この場面から私がイメージする事は…


★麦畑…どこまでも続く、穏やかでのんびりした幸せな毎日。が、変化に乏しく飽きそう。(飽きている?)

★断崖絶壁&ジャングル…飛び込むには勇気がいる。ジャングルは未知なるものへの期待と可能性があるが、常に危険と隣り合わせ。

★両手を広げたガイアさん…ジャングル(新しい環境)に飛び込む選択をするなら、大丈夫、受け止めます。(サポートします)

★おじいさん…この方が父方の祖父なら、なまえは不可欺(ふかぎ)さんといいます。珍しい名前で、父から聞いた話しでは、お坊さんから付けて頂いたということ。
不可欺。欺く可からず。人を? それとも自分自身を…?


Rikoさんを通じてガイアさんから頂いたメッセージ。
じっくりと…考えさせられるものでした。


書いて頂いた絵とともに、大事にします(^ ^)



長文の上に、分かりにくい文章を最後まで読んで頂き、ありがとうございました★

スポンサーサイト
[ 2014/08/04 15:49 ] スピリチュアル | TB(0) | CM(4)

シアさん

お久しぶりの更新です。
あっという間に12月になってしまいました。寒いはずですね。


しばらくの間に、いろいろ変化がありましたよ★


まずは…家にネコさんがやってきました。
しかも、2ニャンです(^ ^)
この子達のことは、また別の機会にゆっくりと♬



そしてそして。

本題はというと…先日よりR館のRikoさんにお願いしていた、ハイヤーセルフの絵が、昨日届きました!


もうなんと申しますか…

本当に美しいです。


ハイヤーさん自身も、絵の構成も、色も。
見ているだけで、スーッと清々しい気持ちになる絵なんです。


この美しいハイヤーさんは、「シアさん」という名前の方ということです。
空の雲の上にいる方で、空色(水色)のロングドレスを着て、銀髪のロングヘアー。ハープを手にしています。
でも…男性なんです。きっと私が、美しい男性が好みなので、それに合わせてくださったのかな?(笑)


私ね。

青空が大好きなんです。
空の雲を眺めていると、時間が止まってしまって、どれだけでも眺められます。
それから、飛行機の中から眺める雲の世界も大好き。
雲の王国ですよね。



数年前に悲しいことがあった時。
今度生まれ変わる時には、息子と一緒に空の雲になって、辛いことも悲しいことも痛い事もない世界で、のんびりフワフワ浮いていたいな。って思ってました。



なので、このハイヤーさんの絵が来た時。
やられたーって思いました(笑)



ドレスは、空の色と一緒に変化するということですが、Rikoさんに「水色で」とシアさんがお願いしたということです。
以前ブログにも書きましたが、私、水色が大好きなんです。あと、白。



それと、忘れてはいけないのが、インナーセルフのロビンくん。
今回のハイヤーさん訪問でも、ロビンくんらしいエピソードをRikoさんにちょいちょい聞かせていただきました(^ ^)

ちょっと遠隔の時間に遅れたRikoさんをお迎えにきたり、変な歌歌ったり、ハイヤーさん口笛でよんだり、最後までついてきてくれなかったり(笑)

せっかちで、自由気ままで、面倒臭がり。
私そのものじゃないですか!ロビンくん!



シアさんにロビンくん。
これからも、どうぞよろしくお願いします(^ ^)


[ 2013/12/02 14:32 ] スピリチュアル | TB(0) | CM(4)

まだまだ…?

ある本に、

「人は、無条件に 人を愛し 愛されることを学ぶ為に生まれてくる」

とありました。


私は、息子が元気な時も、闘病している時も、そして天に召された今も、ただ彼であるというだけで、愛しくてたまらず心から愛しています。
そして、息子も、どんなママでも愛してくれている、と自負しています。


多分、世の中の親子って、みんなそうなんじゃないかと思います。


でも。
旦那さんやその他の人たちに対しては…?

う〜ん、まだまだ条件付きの愛しか与えていない気がします^^;
「これやってくれるから、好き」みたいな。

そして、無条件に愛される、っていうのもこれまた難しい。
どこかで、いい人じゃなくちゃ愛されない、みたいなものがまだある気がする。



親としての学びはありましたが、人間としての学びは…まだまだな私です(ーー;)



☆☆☆


tomoさん、心のこもった温かいメッセージをありがとうございました。
皆さんの優しさ温かさのおかげで、ゆっくりゆっくり癒されています。
ごはんもちゃんと食べてますよ(^ ^)

また、スピ会でお会いできる日を楽しみにしております。



[ 2013/10/01 18:00 ] 日々のこと | TB(0) | CM(4)

大好きだよ

私事で恐縮です。


私の大事な大事な、大事な宝物が、お空に帰って行きました。



今までも、これからも、ずっと一緒です。



いつくん、大好きだよ。

[ 2013/09/10 18:16 ] 日々のこと | TB(0) | CM(0)

思い出した〜☆

八月も、もうすぐ中盤。

毎日うだるような暑さですねぇ(ーー;)
元気なのは、セミとちびっ子ぐらいですかね…。


先日、恒例のRikoさん主催、八月最初のスピ会に参加してまいりました(^ ^)

参加者がいつもに増して大勢いらっしゃったので、ワイワイ賑やかなチャット会でしたね☆
Rikoさん、参加された皆様、お世話になりました!


色々な面白話しが飛び出してくる中(詳しくは、過去ログにアクセスを〜!(^ ^))、チョット気になることが。

私のインナーさんの、ロビンくん(イケメンの吟遊詩人、16歳。笑)についてのお話が出た時の事。

ミラさんが、「吟遊詩人というと、アルチュール・ランボーが美少年で〜」というようなことを言われていたのです。(すみません、うろ覚えで^^;)
何でも、彼の写真が残っているらしく。


その時、ん?と。
なんだろう、何か引っかかる。


で、引っかかったていたのをそのままでいたのですが、先ほどやっぱりモヤモヤするので、「アルチュール・ランボー 画像」で調べてみました。

実際の写真のランボーは、なるほど、整った青年でした。
それよりも!
昔のレオナルド・ディカプリオが出てくるではありませんか!


その時、思い出したのです。
レオナルド・ディカプリオがまだ若(くて可愛らし)い頃。
「太陽と月に背いて」という映画で、ランボー役を演じていたのです。

あまりにも印象深い役柄でしたので、当時の私には結構ショックでしたが^^;


引っかかっていたのは、ランボーを題材にした映画を見たことがあった、それだけじゃないんです。


どなたか覚えていらっしゃるでしょうか。(いや、どなたもいらっしゃらないと思いますが)

私の、昨年の10月5日のブログ「リアルロビンくん。」の記事の中で、Rikoさんのイラストを実写版にしたら、なんとなく若い頃のディカプリオのような感じを想像します、みたいな事を書いていて。


そうなんです。


実は実写版のロビンくんて、タイタニックのころのような、太陽と月に背いてのころのような、そんなディカプリオのイメージなんです。
それと、Rikoさんの絵とが統合したのが、ロビンくん。

いつもそばにいるので、ロビンくんがディカプリオに似てるなんて忘れてましたよ(笑)

なので、うかつにも散歩の時に「ロビンくんて、どの芸能人に似てるかなぁ?」とか考えたりして(笑)
(だって! 最近のディカプリオは、ロビンくんに似ても似つかないんですもん!←失礼。)



こんな形で思い出させてくれて、ありがとうロビンくん(^ ^)
あなたはディカプリオでしたね(笑)




[ 2013/08/11 18:09 ] スピリチュアル | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。